日常

生きた証

最近ですが youtubeを見る機会が多くて、 やっぱりひろゆきさんと成田さんがをよく見かけます。 そこで、面白い組み合わせを発見したので視聴してみました。 それは、【RE:HACK】という番組で ゲストがビッグダディー(林下清志氏)ですよ。 ビックダディーといえば年末番組の定番。 毎年なんとなく見ていました。 あの番組が終わってからは、ちょこちょこテレビには出演されていましたが、 やはりテレビには向いていなかったのではないでしょか。 いつの間にか、 あの人は今になっていた感じ(自分が知らないだけかもしれ ...

ReadMore

Healy アシュタール

Healy(ヒーリー)量子波動調整器 使用感 その6

先日、仕事が激忙しくて、 めちゃくちゃ疲れていました。 起きるのも辛いぐらいに。   休みたいけど、休めない。 今日は栄養ドリンクしかないな~ と思っていたら、 ふと思い出しました。   そういえばヒーリーがあるじゃないか( ´∀` ) 正直、ヒーリーに配線をつけないモード レゾナンスモード(青いアプリ)ばかり使っていて マイクロカレントモード(赤アプリ)のことを 忘れていました( ´∀` )   でも、あまりにも 芯のほうから体がきついので こいつはマイクロカレントモードで ...

ReadMore

Healy 日常

Healy(ヒーリー)量子波動調整器 使用感 その5

ヒーリーを購入してから、 多分1年が経過しました。 使用頻度はと言いますと、 だいたい毎日使っています。   使用している感じとしては、 まずヒーリーアプリに登録している人、 一人一人のオーラ分析をします。   ヒーリー自体に液晶画面はないので スマホとブルートゥース接続します。 そしてオーラ分析のボタンを押すと、 登録してある名前を選ぶと オーラを記録することができるようになります。 オーラを記録すると 分析ができるようになります。 そして、オーラの分析をすると 分析結果が出ます。最 ...

ReadMore

日常

もやもやする

今日は18時30分から約束があったのですが、 すっかり忘れて19時30分に気づきました。 お相手の方からはメールが入っており 19時まで待ちましたが、帰ります。 やばっ! ですよね。   一応 忘れないようにアラームを仕込んでおいたのですが、 サイレントモードの時は動作しない まったく役立たずなアラームでした(☍﹏⁰)。   相手には 一応、寝てしまって忘れた とメールをしておきましたが 返信なし。   まあしゃあないですね。   これどう思いますか?   ...

ReadMore

日常

2022年がいつの間にか始まっています

皆様あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。 遅いご挨拶ですが、まあそういうこともあるでしょう。 先日は親しいヒーラーさんと会い、 今年もがんばらないぞと決意したところです(笑)   何も意識しなくても時間は過ぎていきますね。 ああ、肉親を持った物理世界ってこういうもんだなと 思ったりもしますし。 身近な人たちの年老いていく姿を見ながら 寂しく感じたりもしたしまいます。   若かった時の勢いといいますか、 昔を思い出すみたいな 年を取ればこそ感じる世界があるんです ...

ReadMore

Healy 日常

Healy(ヒーリー)量子波動調整器 使用感 その4

Healy(ヒーリー)量子波動調整器を使い始めて いろいろな現象が起きって来ています。 使用感 その3参照 ヒーリーには2種類の使い方があり、 レゾナンスというモードと マイクロカレントというモード   レゾナンスは手首に巻く線を使わずに使えますが、 マイクロカレントは手首に巻いた電極から直接電流を流すので 線が必要です。   でもこれがかなりめんどい。 大体1つのプログラムが1時間ぐらいかかるので 線があると大変なんですよね.   ということでコイルというものを買ってみまし ...

ReadMore

アシュタール

今にいるという事

綺麗な夕日を見ると涙が出てきますね。 今にいる、この瞬間を感じる ということをよく考えてしまします。   考えてしまう事自体、今にいない気もしないでもないですが・・・ 考えます。   この肉体を持った人生は、不自由さを楽しむもの。 思い通りにならない事を楽しむもの   とは言いますが、 なんとも言えない時もあります。   家族の病気なんかがそうですね。 自分が痛いわけではないけれども、 家族が苦しんでいる姿は苦しいものです。   早く良くなってほしいという ...

ReadMore

Healy 日常 津留晃一

Healy(ヒーリー)量子波動調整器 使用感 その3

最近は毎日Healy(ヒーリー)を使っています。 そこで、結構思うこと。   それは、何か動きが早くなった。 動きといっても体の動きとか、 頭の働きとかじゃなく、 何となくいろいろな事が起こるようになったという感じでしょうか? 今までは蓋をして気づかないふりをしていた事が パッカンと蓋が開いて ボコボコと湧き出してきた感じ。 どろどろと流れ出してきた感じ。   とにかくいろいろな事が起こっている気がする。 それってオーラの流れが変わったから、 今体験したいこと(本来やりたかったこと)に ...

ReadMore

日常 津留晃一

思考は現実化する。タダで車を手に入れる

まあ、タイトル通りです。 とにかく悩んでいました、というほどでもないですね。 考えてはいました。   今乗っている車が30万キロをむかえようとしていました。 えっ30万キロ?、自分も初体験。 大体車って20万キロぐらいまでなんじゃないの? なんて思っていたので、 30万キロ目前まで来ると、 ほんと日本の車って丈夫だな~と思います。 それでも、特に大きな故障はしてません。   でも、最近オイルの減りは早いし、 アイドリングの時の回転数が安定しない感じでした。   だから、乗り換 ...

ReadMore

Healy 日常

Healy(ヒーリー)量子波動調整器 使用感 その2

Healy(ヒーリー)には2つのモードがあることが分かりました。 一つはマイクロカレントで、Healy(ヒーリー)から直接線をつないで 肉体に電流を流す方法。 そして、もう一つがレゾナンス。 これは直接に電流を流さない方法、無線です。 遠隔で量子波動を送り、調整していく方法です。   ところが、自分が最初に購入したのはヒーリーホリスティックヘルスというやつで オーラ分析やレゾナンス機能は使えないものでした。 ヒーリーの種類 ・ヒーリーゴールド (Healy Gold)お手軽お試しモデル ・ヒーリ ...

ReadMore

アシュタール

アシュタールメッセージ 死んだらどうなるかについて

死ぬということ

死=悲しい 一般的にはこのように考えられていますよね。

なぜ死が悲しいのか?それは、永遠の別れと思っているからでしょう。

死んだら終わり、人生の終着点 と考えると死は悲しい事です。

目に見える死とは、動かなくなって、灰になって、お墓に行くだけです。

私の場合、死んだら霊界があるとは信じていました。

ただし、霊眼が開けてはいないので霊界をみることはできません(笑)

ですので100%霊界はあるのか?と言われると、証明は出来ないけど

あると思うぐらいの感じでした。

死への恐怖

それでは、霊界があると信じていると死への恐怖はなくなってしまうのか?

といえば、そうでもありません。死ぬのは怖いです。なぜ死ぬのが怖いのか?

まあ、死んだらどうなるかが完全には分からないから・・・

ということもありますが、人生が修行だと思っていたからです。

人生はカルマを浄化するためにあると思っていたので、苦しみや,悲しみ、

納得出来ないことがあるのも仕方がないと思っていました。

つまり、苦しみを感謝して乗り越える事でカルマが解放されるという考えです(笑)

だから、そういう人生に耐えられなくなって逃げてしまったり、自ら死を選んで

しまったりしてしまうともう一度生まれ変わって、更に苦しい人生を行かなければならない

と思っていました。ですから、やることやらないで死んだら意味がない。

つまりまだやることが残っているから死ねないと思っていたのです。完全にM型人生(笑)

また、現実的には親、兄弟、友達、仕事・・・色々なことに対する責任を放棄する形で

いなくなってしまったら、残された人が困ってしまう。そんな考えもあるわけです。

そこで、お金だけでも残していけばと生命保険に入ったりしているわけですよね。

いつ死ぬか分からない・・・というのは恐怖の連続だったわけです。

人生の意味

そういう人生ですので、眉間にシワが出来てしまうのも仕方がないことです。

でも、それを完全に覆してくれたのがバシャールであり、アシュタールです。

人生は楽しむためにある!

今日のメッセージも極めて単純、明快。

人生の目的が180度変われば人生も180度変わってしまうんですね。

ちなみにメッセージの中で出てくる死ぬときに出る物質について

脳科学者 苫米地英人氏の著書より引用させて頂きます。

 二つのことを事実として説明すればわかりやすいと思いますが、まずひとつはドーパミンをはじめとするありとあらゆる脳内伝達物質が、脳が壊れるときに大量に放出されます。ですからまず、気持ちが良い。脳幹の中心の中脳のところ、VTA領域からいくつかの経路が伸びていて、脳幹の中のドーパミン細胞からドーパミンが大量に出ます。要するに、臨死体験のときは超大量の脳内伝達物質が出て、凄く気持ちが良い体感をする。同時にありとあらゆる幻視・幻聴・幻覚が起こります。

もうひとつは、時間が無限に長くなっていきます。時間感覚が変わっていくわけです。たとえば走馬灯のように自分の人生の歴史を見るとか言いますが、それはあたりまえのことで、脳内の神経細胞が壊れるにあたってとてつもない脳内伝達物質が放出されますから、最後の最後に脳が超活性化されるのではないかと思います。線香花火の最後の一瞬のようなものです。すると、たくさんの記憶を同時に見る。脳は元々超並列的な計算機なのです。我々の脳はふだん生きているときは凄くシリアルに(ひとつずつ順を追って)認識しますが、つまり、ひとつのことを認識しているときは他を認識できません。それが臨死体験のときは、同時に全部認識するわけです。走馬灯のように一生を経験するというのは、一生をシリアルに経験しているのではなく、短い間に一生の体験を全部同時に認識するわけです。内省的には一生を全部ゆっくり体験したかのように感じています。時間の感覚がどんどん変わっていくからです。生という状態から限りなく死に近づいていく、死という接点に向かって永遠に近づき続ける接線のようなものです。死んでいく人にとって、体感としての時間はとてつもなく長くなっていきますから、もしかすると死は永遠にやってきてないかもしれません。

『スピリチュアリズム』苫米地英人

[amazonjs asin="4931344194" locale="JP" title="スピリチュアリズム"]

それでは今日のアシュタールメッセージをどうぞ

アシュタールのメッセージは

ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

より引用させて頂いております。ありがとうございます。

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します

大丈夫です・・心配しないでください。

死ぬときは死にます(笑)

えっ、こんなことで死ぬの?って思う事でも死ぬときは死ぬんです。

転んだだけでも死ぬときは死にます。

死なない時は、どんなことがあっても死なないのです。

熱が42度あっても、死なない時は死にません。

そして、たとえ死んだとしてもあなたは何も変わらないのです。

身体を脱いでも、あなたの意識は何も変わらずそこにいます。

あなたは、あなたであることを認識できますので何も怖がることはありません。

そして、あなたが怖がっている”死ぬとき”ですが・・何も痛くはありません。

苦しくもないのです。

身体にはちゃんと用意がしてあります。

身体を脱ぐときには、快楽を感じるホルモンが出るようになっていて苦しみよりも

反対にとても気持ちがよくなります。

身体を脱ぐときは、快感とともに脱ぐことが出来ますので安心してください。

死ぬことを特別なことだと思っているのは、あなた達人間だけです。

他の生物たちは、死ぬことにあなた達のような恐怖は持っていません。

死ぬことが悲しいことだとも思っていないのです。

自然の摂理として何の抵抗もなく受け入れることが出来るのです。

ですからあなた達も死のことを恐れることに今を費やさないでください。

死ぬときはどんなことをしても死ぬんです。

だったら、その時のことを考えるのではなく、”今この時”のことにフォーカス

してください。

”今この時”を生きてください。

生きているあなたを楽しむことに集中してください。

生きて経験するためにあなたはここにいるのですから。

死や病気を怖がるために今を使わないで、楽しく生きるために今を使って下さい。

あなたは今確実に生きているんですから。

そして、今のあなたの思考が次にあなたの現実になるのですから。

あなたが今を楽しんでいると、次も楽しい現実を体験することが出来るのです。

もう一度言いますね・・・

死ぬときは死にます。そして 死なない時はどんなことをしても死なないのです。

今を生きてください。

あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」

クリックで笑顔になります(^0^)(^0^)(^0^)(^0^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

-アシュタール
-, ,