お気に入り動画 日常 注目動画

「ネトじゅんさん」にハマる。

最近Youtube動画を作っていると、 やっぱりYoutubeを見るようになりますよね。 どんな動画が人気なのか? やっぱり気になるものです。 そんな中よく目にするのが 「ネトじゅんさん」という方。 見た感じおばはんなんですけど、 なんなんと思っていました。   でも、結構気になってきて動画を見てみたら 結構おもろい。 話し方もわかりやすいし、絵も上手、何より品を感じる。 なんていうんでしょうね。 ギラギラしていない自然体。 ファンになりました。   本を書いてらっしゃいます。↓ 左脳 ...

ReadMore

アシュタール バシャール 日常 津留晃一

youtubeは楽しいのだが、収益化は難しい

最近Youtubeを毎日更新しています。 最初の更新の目的は 車移動中に都留晃一さんのメッセージを聞きたいから だったわけです。   Youtubeプレミアムなら広告なしで(笑) Youtubeが楽しめます。   ですから、動画は自分好みにこだわって作っています。 でも、作っていると結構たのしいんですよね。 目の前の作業に没頭する ということは 何度も何度もメッセージを聞いて 修正するわけですから2,3時間ぐらいは メッセージと向き合うわけです。   これって結構凄いことです ...

ReadMore

お気に入り動画 日常 津留晃一

youtube更新してみた

久々ですが、youtube更新してみました。 何年ぶりでしょう(笑) でもね、やりたくてしょうがなかったんです。 最近の車移動はyoutubeMusicか youtubeが多いのですが、 ちょっとした時には津留晃一さんのメッセージを聞いています。 でもね、やっぱり好みがあるんですよ。 何でもいいわけじゃない。 何か自分の入ってくる動画のほうがいいじゃないですか。 自分好みの。 でも、それって自分でつくるしかない。 ただ、思ったようなものができるかは別問題。 これでも試行錯誤したんです。 自分で朗読してみた ...

ReadMore

日常

今日おいしいもの食べた?

最近食事をしていても おいしいなぁと感じることが少ないような気がする。 それは安い店ばっかりだから? そんなことはないと思う。 自宅での食事は パートナーが作ってくれるのだが、 10パターンぐらいの中に納まる感じで 新鮮味なし。 何となく納豆ご飯でいいかな? なんて思ってしまう。   そんな感じなので どちらかというと 食事というか、食べることに気持ちが向いていなのかもしれない。 とりあえず時間だから食べている おなかがすいたから食べている 安いから食べている まあそんなところ。   ...

ReadMore

日常

鼻血が止まらなくなりました

先日朝起きたら鼻のあたりに鼻水のような感覚が・・・ まだ暗かったのでよくわからなかったのですが、 万が一鼻血だったらやばいと思い 押さえながら洗面所に。 予感が当たってしまい鼻血でした(涙)   幸いすぐに洗面所に行ったので 布団などにはついていませんでしたが 洗面所は血だらけ ボタボタと垂れてくるんですね。   こういうのは初めてだったので 結構ビビりました。   鼻血自体あまりでないし 少しづつ出る感じしか経験したことがないので どうしたらいいかわからず。   ...

ReadMore

アマゾンプライムビデオ 日常

僕ヤバ(僕の心のヤバイやつ)が見たくて仕方がない

2023年もアマブラを中心として たくさんの映画やアニメを鑑賞させていただきました。 ほんと、いい時代ですね。 その中で最もよかったものが、『僕の心のヤバイやつ』です。 現在第2期が放送されていますが、まだ見ていません。 録画はしてあるのですが、 勿体なくて見れないのです(笑)   何となく見始めたこの『僕の心のヤバイやつ』ですが、 何度も見返してしまうほど沼ってしまいました。 ほぼこんなことはありません。 「僕の心のヤバイやつ」はWebコミック配信サイト 「マンガクロス」にて連載されている、 ...

ReadMore

日常

もうほっといてください

ほんと、そういう気持ちです。 パートナーが話しかけてくるんですよ。 基本パートナーの言葉は『責め』にしか感じないもので。 話しかけられると辛いのです。   あちらは自分の主張だけをしてきて 話を聞いてくれないんですよね。(私の感想)   まあそれって相手を受け入れていないからなんでしょうが こればっかりは仕方がありません。   もっといいイメージを持てとか 過去のトラウマを開放しないととか 良かったことだけを思い出せとか   そんなのわかってるって(頭では) あなた ...

ReadMore

日常

松本人志さんが活動休止をしたわけですが

ダウンタウンの松本人志さんが活動休止をしたそうですね。 テレビを見ていないので何となくしか知りませんが、 ネットで見て 週刊文春の記事を受けてということは知っています。   笑ってはいけないとは思いますが、 ジャニーズの時と一緒ですね(笑) もう、この流れは止めることができません。   でも、みんな知ってましたよね。 そういうことが行われているということ。 というか、芸人さんて そういうことをしたくて頑張ってたんじゃないの。   芸能人になって、 有名になって、 お金を使って ...

ReadMore

アマゾンプライムビデオ 日常 注目動画

『もうすぐ死にます』という話

アマゾンプライムビデオで もうすぐ死にます という韓国ドラマを見てしまった。 正直、お涙頂戴感満載の話かと思いきや かなりグロいしエグいし没入感満載。 ぶるぶると心揺さぶられた。   あらすじとしては、主人公が自殺してしまう。 しかし、その行為(動機)が神?の怒りにふれ、 罰として 12回死ぬまで別人格として生まれ変わる。 そして、いろいろな人生を代わりに生きて その苦しみを味わうというもの。   生まれ変わって、 見かけは別人なのだが、思考は本人。 自殺した主人公の記憶と人格はずっと ...

ReadMore

日常 津留晃一

お金を貸してほしいという話

昨日古い友人から電話がありました。 彼は交通事故から体調が悪くて 困っているということは知っていました。   その彼が、お金を貸してほしいというのです。 金額は僅かですが、わずかだからこそ辛いものがあります。 自分も余裕があるわけではありませんが、 明後日には返せますというので、 とりあえず すぐ振り込みましたした。   本音は・・・ どうせ返ってこないだろうな。 です。   この手の話はよくあるのですが、 自分もお金を貸してほしいと思ったことは沢山あります。 でもねえ、 そ ...

ReadMore

バシャール 日常

ツインソウルに会いたくて

先日から視聴していた「クロスゲーム」なのですが、

50話観終わりました。いやあ、感動し過ぎちゃって

49話、50話は3回も観てしまいました(笑)

[amazonjs asin="4091222595" locale="JP" title="クロスゲーム 17 (少年サンデーコミックス)"]

こんなことは滅多にありませんが、とにかく心が

動かされてしまったんです。せっかくなのでストーリーを。

主人公はスポーツ用品店・キタムラスポーツの一人息子である樹多村 光(以下「コウ」と記述)。近所のバッティングセンターを営む月島家(父親と長女・一葉、次女・若葉、三女・青葉、四女・紅葉)とは家族ぐるみの付き合いであり、同い年の若葉とは特に親しかったが、その反面1歳年下の青葉とは犬猿の仲だった。

初めは野球に興味がなかったコウだが、青葉の投球フォームを見て憧れ、人知れずトレーニングを始める。そして小5の夏、若葉が突然の事故で亡くなる。

中学生になったコウは、野球部にこそ所属していなかったがトレーニングは続けていた。そして、小学生の頃から付き合いがあった中西、赤石と共に星秀学園高等部野球部に入部したが、星秀では校長が病に倒れ、校長代理となった教頭が野球部の甲子園出場を掲げ、新たに外部から名監督との呼び声高い大門監督を招聘し、超高校級との呼び声高い東や高い野球センスを持つ三木など、有望な野球留学生を集めるようになっていた。そして、野球部は野球留学生及び選抜テストに合格した部員が「一軍」とされ、以前からの監督である前野と、選抜テスト不合格もしくは受けなかった部員は「二軍」に追いやられる(「プレハブ組」)。大門の下で野球をすることを嫌がったコウたちは、選抜テストを受けなかったためプレハブ組に配属され、前野と共に打倒・大門と甲子園出場を目指して練習を積むが、1年夏の地区予選前の一軍対二軍の試合で惜敗する。

夏休みに入り、一軍は甲子園を目指し北東京大会を戦っていたが、純粋に勝利を目指そうとしない大門の方針に東や三木は反感を抱いていた。一方、プレハブ組は改めて打倒・大門と甲子園出場を目指し、廃校になった小学校で前野から特訓を受ける。そして夏休みも後半になり、校長代理からプレハブ組の解散が命じられると、前野はクビを懸けて一軍との再戦を申し入れる。しかし一軍では、大門の方針に我慢できなくなった三木が他校へ転校し、東は「甲子園への近道を見極めるために」試合出場を拒否する。こうして迎えた試合当日、一軍は大門が目を付けた中学3年生たち、二軍は高校進学前の青葉が助っ人として参戦したその試合で、コウは事前に捕手の赤石と立てていた作戦通りの快投を見せて完封勝利を収める。その結果、一軍野球部が解散となり大門は解任され、大門に集められた一軍の部員たちや教頭は他校へ転校するが、東は星秀に残ってコウたちと甲子園出場を目指す道を選ぶ。

翌春、青葉も高等部野球部に加わるが、女子であるが故に公式戦には出場できない。それでも、青葉は欠かさず練習に出て野球部を鼓舞し、コウがエース、赤石が捕手、中西が3番打者、東が4番打者となった新チームは悲願の甲子園出場を目指す。

wikiより転載

青葉とコウはず~と犬猿の仲だったんですね。会えば口げんかです。

まともな話が出来ないほど・・・

 

でも、

最終話、甲子園をかけた地区予選決勝の朝、

青葉はコウに尋ねるんですね。いろいろあって。

青葉「私のこと好き?」(無感情な声で)

コウは「ウソついてもいいか?」

と青葉に前置きしてこう言います。

青葉は「いいよ」と応えます(無感情な声で)

甲子園に行く!
160km出す!
そして、
月島青葉が一番好きだ

ウソついても良いか、と前置きしてこの台詞。

そして、彼は甲子園に出場します。

更に、表示はされていませんが160kmのボールを投げちゃいます。

 

上2つを実現することで、朝言った言葉が、

嘘ではないことを表現したのです。

鳥肌が立つぐらい、この構成に感動しました。

 

若葉との関係性もあり、青葉に対しストレートに表現することは

出来なかったのでしょう。

でも、これだけでは終わりませんでした。

コウは嘘と前置きした上で、好きと言いましたが、

青葉からの答えはまた違う表現でした。

 

試合後、呆然と立ちすくむ青葉を

コウは抱きしめます。

抱きしめたコウを、思いっきりビンタした後の会話。

青葉「あんたのこと、大嫌いだって言ったでしょ?」

コウ「ああ、知ってるよ。多分世界中で1番」

青葉「ずっと、ずっと、大嫌いだったんだから。」(号泣しながら)

コウ「……知ってるよ」

 

ここは、私も大泣きですよ。

青葉は大嫌いとしか言ってません。

大泣きしてコウの胸に頭をもたれながら、

彼のことを大嫌いと言い続けます。

 

一度も好きと言わないんですね。

でも、誰よりも大好きだと言うことが伝わってきてしまう。

このマジック!

 

49話までが全部前置きで、50話が全てみたいな。

オセロゲームで圧倒していたのに、最後に全部ひっくり返されるような

感覚だったんです。

 

なんでこんなに感動しちゃったんだろ~

なんて、ずっと考えていたんですが、

 

自分、ツインソウルを求めてたんですね。

まあ、ツインソウルの定義とかいろいろあると思うのですが、

私が思っているのは、

「何も言わなくても、魂でお互いを理解できる人」です。

 

私にはパートナーがいます。

まあソウルメイトだと思っています。

バシャール的に言えば、関わる人は全部ソウルメイトだと言うことなので

そうなのでしょう。好き嫌いで言えばどちらとも言えません。

家族であり、同志という感じです。

心は通じ合っていないといいますか、

魂的には仕事仲間みたいなもんなんですね。

 

ちょっと前までは、大いなる全てがいれば

心が満たされるし、全てが無条件の愛で一杯なんだから

いいかな~と思っていたのですが、

 

最近、妙にツインソウルがいるんじゃないか

と思うようになっています。

肉体を持って生きている間に出会うんじゃないかと

思うようになっているんですね。

 

何も言わないけど、あなたのことは全て分かる。

こんな感覚、味わってみたいと思いませんか?

心も肉体も一つになる感覚、味わってみたいと思いませんか?

 

なんか、そんな思いが出てきています。

 

それが、この「クロスゲーム」を観て

運命の関係があることを感じてしまい、

シンクロしちゃったんですね。

運命は自分で創るものですが、

そういうストーリーも体験したくなったと言うほうが

正確かもしれませんね。

 

ツインソウルに出会ったら

ブログ書けないかもしれません(笑)

クリックで笑顔になります(^0^)(^0^)(^0^)(^0^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村

-バシャール, 日常
-, , , ,